量子アニーリング (解説) Quantum Annealing

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

量子アニーリングというのは,量子揺らぎを巧みに利用して最適化問題を解くアルゴリズムである.量子力学を用いて最適化問題の解を与えるような情報処理を行うという意味では,量子計算のひとつの技法ともいえる.実験技術の進歩もあって,このような量子力学的な自由度を制御する研究が理論・実験両面で盛んになっている.量子アニーリングは,量子計算の中でも汎用性という意味において際だった特徴を持つ.量子アニーリングの今とこれからについて紹介していこう.

Quantum annealing is a generic algorithm intended for solving optimization problems by using quantum fluctuations. This algorithm can be regarded as a generic technique in quantum computation. Quantum annealing is very simple and yet applicable in principle to any optimization problems. It is also closely related to quantum adiabatic algorithm. In this article, we elucidate the current status and present a future outlook for quantum annealing.

収録刊行物

  • 日本物理学会誌

    日本物理学会誌 66(4), 252-258, 2011

    一般社団法人 日本物理学会

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008593705
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00196952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0029-0181
  • NDL 記事登録ID
    11027144
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学)
  • NDL 請求記号
    Z15-13
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ