内閣の存続と時間依存  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

内閣の存続といった時間的事象を理解するには,その終了が観察されるまでの経過時間に依存することを考慮する必要がある.生存分析とは,こうした時間的事象を数量的に把握する統計手法であり,本稿では生存分析の離散時間モデルを内閣の存続期間推定に応用し,時間依存の捉え方として提案されている3つのモデルを比較する.

Journal

  • [O]perations research as a management science [r]esearch

    [O]perations research as a management science [r]esearch 56(4), 227-231, 2011-04-01

    The Operations Research Society of Japan

References:  15

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008593830
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00364999
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    00303674
  • NDL Article ID
    11040308
  • NDL Source Classification
    ZD25(経済--企業・経営--経営管理)
  • NDL Call No.
    Z4-108
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top