情報の一次接触を重視した動画視聴システムの提案と試作  [in Japanese] A proposal of Internet Broadcast System which focus first contact  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

近年,インターネットによる動画共有が普及したことにより,その情報の取捨が求められるようになりつつある.しかし,動画のデータ容量は大きく,通信時間が長くなり,動画の視聴価値の判断を行うための部分的な視聴には不向きである.また,通信網や視聴端末への負荷が大きく求められた視聴内容とそれらの負荷の釣りあいがとれているとは言えない.著者らは,このような動画の視聴価値を判断するためには,部分的に視覚情報を欠落させることにより視聴の容易さと視聴価値の判断に求められる情報の取得が可能であると考える.本論文では,多くの動画はテーマ性を持ち,前後関係の推測可能が容易であることに着目した.そこから,視聴価値を判断するための一次的な映像への接触方法を提案し,そのプロトタイプを構築した.Recently, video-sharing which becoming common makes we select information on video. However, video-data has large content and needs to wait for download. So, we have trouble to think about the video's value. In addition, the information is too less about using connections and devices. I think to get capital information is need only partial pictures. Because we can get image of blank which between pictures. This thesis is written about how to make good contact in first time and the prototype system.

Journal

  • 研究報告エンタテインメントコンピューティング(EC)

    研究報告エンタテインメントコンピューティング(EC) 2011-EC-21(4), 1-6, 2011-08-23

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008600681
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12049625
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Technical Report
  • Data Source
    NII-ELS  IPSJ 
Page Top