Wikipedia カテゴリおよび自己相互情報量に基づく関連検索キーワード生成による知識拡充支援  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

ユーザが知識拡充を目的として検索エンジンを利用する場合,共起頻度に基づいた関連検索キーワードを参照することが多いが,意外性の高い知識を含む網羅的検索に対して有用とは言えない.これを解決するために、Wikipedia を利用した関連検索キーワードの生成手法を提案する.提案手法では、ユーザが入力したクエリと同名の Wikipedia ページを検索し,当該ページのカテゴリ情報を抽出する.次に,これらのカテゴリに属しているページ集合を取得し,さらにそれらの積集合の中から関連しているページ群を抽出する.各ページから抽出した単語の自己相互情報量を計算し,その値の高いものを関連検索キーワードとして提示する.google の関連検索キーワードとの比較および主観評価実験を通して,提案手法の有効性を示す.

Journal

  • 全国大会講演論文集

    全国大会講演論文集 2011(1), 607-609, 2011-03-02

    Information Processing Society of Japan (IPSJ)

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008600945
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00349328
  • Text Lang
    JPN
  • Data Source
    NII-ELS 
Page Top