正規木文法のための差分抽出アルゴリズム  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

スキーマとそれに関して妥当なXMLデータを蓄積・管理する場合,時間の経過と共に格納すべきデータの構造や種類は変化し,それに応じてスキーマ定義も更新されることが多い.このような場合,スキーマ更新履歴の管理等のため,スキーマの更新内容を適切に把握することが重要である.このためには更新前後のスキーマ間で差分抽出を行う必要があるが,これを適切に行える手法はこれまでほとんど提案されていない.本研究では,正規木文法(regular tree grammar)のための差分抽出アルゴリズムの開発を行う.

Journal

  • 全国大会講演論文集

    全国大会講演論文集 2011(1), 713-715, 2011-03-02

    Information Processing Society of Japan (IPSJ)

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008600996
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00349328
  • Text Lang
    JPN
  • Data Source
    NII-ELS 
Page Top