日本人内部の民族意識と概念の混乱  [in Japanese] Ethnic Identities within Japanese nationals  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

2000年代以降、日本では反中・嫌韓主義や在日外国人に対するゼノフォビアが台頭し、それに同調する人々が増えてきている。しかし、中国人や韓国人に対峙する存在であるだろう日本人自身の内なる民族意識は、曖昧模糊として混乱している。インターネットでは「日本人の民族名は何というのですか」という質問が投げかけられ、学生たちは「自分が何民族か分からない」 という。1980年代以降、政治家の単一民族発言が批判されながら、後を絶たないが、そのほとんどが単一なる民族が何民族かを語らない。その日本人の内なる民族構成と民族意識を明らかにすることが、今後ますます多民族化していく日本社会にとって重要な作業であるという認識にたって、政治家の単一民族発言や、アイヌ先住民族決議への反発に表出された民族意識・概念を検証し、日本人の内なる民族構成を考察してみたい。

Journal

  • Journal of the Faculty of Integrated Human Studies and Social Sciences, Fukuoka Prefectural University

    Journal of the Faculty of Integrated Human Studies and Social Sciences, Fukuoka Prefectural University 19(2), 77-98, 2011-01

    Fukuoka Prefectural University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008604488
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11875546
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    13490230
  • NDL Article ID
    11008463
  • NDL Source Classification
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL Call No.
    Z22-B16
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top