症例報告 LHRHアゴニストとタモキシフェン投与中に発症した異時性対側乳癌の1例  [in Japanese] Metachronous contralateral breast cancer during treatment with tamoxifen and LHRH agonist: report of a case  [in Japanese]

Search this Article

Abstract

47歳女性,右乳房D領域に腫瘤を自覚し当院外科受診,乳腺超音波検査(US)で12×9mm大の乳癌に対し乳房全切除,センチネルリンパ節生検を施行,病理組織学的検査にて,硬癌,12×9mm,pT1c,pN0(SN 0/3),M0,StageI,エストロゲンレセプター(ER)陽性,プロゲステロンレセプター(PgR)陽性であった.閉経前ホルモン陽性乳癌であったため術後はLH-RHアゴニストとタモキシフェンを投与していたが,1年後の定期検査にて左B領域に10mm大の可動性良好な腫瘤を触れ,USにて7mm大の低エコー病変で,MRIで早期濃染,プラトーパターンの腫瘤像を認めた.臨床所見,US,MRI上で前年の手術時にはこの病変は指摘されておらず,この一年で新たに出現したと考えられた.針生検で悪性と診断され,手術は乳房切除と色素蛍光法によるセンチネルリンパ節生検を施行した.病理組織学的検査では,硬癌,6mm,pT1b,pN0(SN0/3),M0,StageI,ER陽性,PgR陽性であった.今回,術後約1年で閉経前ホルモン治療中に発症した異時性対側乳癌を経験したので文献的に考察した.

Journal

  • Nagasaki medical journal

    Nagasaki medical journal 86(2), 86-91, 2011-06

    Nagasaki University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008620344
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00275753
  • Text Lang
    JPN
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    03693228
  • NDL Article ID
    11248004
  • NDL Source Classification
    ZS7(科学技術--医学)
  • NDL Call No.
    Z19-185
  • Data Source
    NDL  NII-ELS 
Page Top