二種のラット頻尿(過活動膀胱および膀胱炎)モデルにおける排尿行動,排尿動態の比較 Comparison of voiding behavior and urodynamics in two rat models of frequent micturition: overactive bladder model and cystitis model

この論文をさがす

抄録

2種の頻尿モデル(過活動膀胱および膀胱炎)をラットで作成し、24時間排尿行動および膀胱内への注水による排尿反射の動態(シストメトリー)を比較した。過活動膀胱モデルとして尿道上部を部分的に狭窄(BOO)すると狭窄2-4週後に頻尿が認められた。ラットにシクロホスファミド(CYP)を腹腔内注射して膀胱炎を起こさせると48時間後に頻尿となった。シストメトリー実験では両モデルとも膀胱の伸展に対する排尿反射が亢進していた。この実験でCYPラットでは排尿に伴って疼痛に反応する行動が観察され、残尿が増加していた。BOOラットでは疼痛反応および残尿増加は認められなかった。以上の結果から、両モデルとも膀胱の充満に対する感受性が亢進していることが頻尿の原因となっていることが示された。しかし両モデルの頻尿を起こすメカニズムは異なることが示唆された。

We compared the voiding behavior and the urodynamics in two models ofrat frequent micturition, bladder outlet obstruction (BOO) and cyclophosphamide (CYP)-induced cystitis. The urethra of SD rats was partially ligated to make the BOO model. Other rats were injected with CYP (150 mg/kg, i.p.). Frequent micturition was observed 2 to 4 weeks after BOO operation or 48 hrs after injection of CYP. In cystometry experiments, where the bladder was infused with saline and the intravesical pressure was monitored under a conscious and restrained condition, either BOO or CYP-treated rats exhibited enhanced micturition reflex concomitant with occurrence of nonvoiding contractions. Nociceptive responses accompanied each micturition in CYP-treated rats but not in BOO rats. CYP treatment increased the residual urine whereas BOO did not increase it. From the data it is concluded that the enhanced sensitivity to bladder filling contributes to the frequent micturition in both models. However, the existence of residual urine and bladder pain suggests that the mechanisms underlying the frequent micturition may be different between two models.

収録刊行物

  • 宮崎大学農学部研究報告

    宮崎大学農学部研究報告 56, 153-161, 2010-02

    宮崎大学農学部

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008658956
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00236503
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    journal article
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    05446066
  • NDL 記事登録ID
    10606252
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-311
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR  JASI 
ページトップへ