公共図書館における利用者の情報探索行動 : インタビュー記録の質的分析による概念と理論の生成 Information-Seeking Behavior of Public Library Users : Generating Concepts and a Theory Based on a Qualitative Analysis of Interview Data

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では,公共図書館における利用者の情報探索行動を説明できるような概念と理論を導くことを目的とした。そこで公共図書館5館において,利用者への半構造化インタビューを行い,得られたデータを修正版グラウンデッド・セオリー・アプローチにより分析した。その結果,35の概念が導かれ,それらの概念は7つのカテゴリに整理された。7つのカテゴリとは,"知りたい/読みたい気持ちの蓄積","図書館での探索に対する認識","探索にあたっての気分","物理的な条件","探索の実行","情報/資料の入手","探索結果に対して抱くもの"である。さらに,"知りたい/読みたい気持ちの蓄積"が"探索の実行"の直接の要因になり,"図書館での探索に対する認識"が個人の"探索の実行"のあり方に影響を与え,探索の結果,"情報/資料の入手"が起こり,"探索結果に対して抱くもの"が表れるといった,カテゴリ間の関係も明らかになった。

The objective of this study was to generate concepts and a theory that can illuminate the information-seeking behavior of public library users. Thirty-five semi-structured interviews were conducted at five public libraries. The interview data were analyzed using the Modified Grounded Theory Approach. Thirty-five concepts were extracted and organized into seven categories: 1) accumulating needs and feelings, 2) recognition of search at libraries, 3) emotion experienced at the start of a search, 4) physical conditions, 5) conducting a search, 6) acquisition of information/resources, and 7) evaluation and perception for search results. The structure of these categories was also determined, for example, "accumulated needs and feelings" directly prompt "conducting a search," "recognition of search at libraries" affects "conducting a search," conducting a search results in "acquisition of information/resources," and leads to an "evaluation and perception of search results."

収録刊行物

  • 日本図書館情報学会誌

    日本図書館情報学会誌 57(1), 1-18, 2011

    日本図書館情報学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008661221
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11333306
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    13448668
  • NDL 記事登録ID
    11071790
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-133
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ