社会的音楽インタラクションのためのインタフェース開発 Interface Development for Socio-Musical Interaction

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

beacon(ビーコン)はパーソナル化の傾向にある従来のデジタル楽器とは違い、人が集まり体を動かしながら音を奏でることができる空間を生み出す新しいプロダクトです。誰でも気軽に楽しめるという性質と、練習と創意工夫によって新たな芸術表現へとつながる性質を併せ持っています。音楽によって、人と関わりを持つ場を提供することを目的とし、学校教育、レクリエーション、フィットネス、リハビリテーション、新しいゲーム、競技、新しい芸術表現などのシーンで利用されることを想定しています。

More and more digital musical instruments have been developed for individual use. Our new product, beacon, is totally different from conventional ones of the past and produces a unique space for several people to gather around, exercise, and play music simultaneously. It is fun and easy for everyone to enjoy, and at the same time offers a new mean of artistic expression depending on the player's ingenuity and willingness to practice. Created to represent a platform for social interaction through music, beacon is expected to be the best tool for such activities as school education, recreation, fitness, rehabilitation, games, competitions, and of course, new artistic expression.

収録刊行物

  • デザイン学研究作品集

    デザイン学研究作品集 16(1), 30-33, 2011

    日本デザイン学会

参考文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008662346
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10547226
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1341-8475
  • データ提供元
    CJP書誌  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ