多人数・マルチモーダルインタラクション研究のためのプラットフォーム構築  [in Japanese] Establishing a Platform for Analysis of Multiparty and Multimodal Interaction  [in Japanese]

Search this Article

Abstract

本研究発表では,多人数・マルチモーダル研究に対する我々のアプローチを紹介する.具体的には,日常的インタラクションデータの収録は 「技術」 「理論」 「フィールド」 の 3 つの側面を検討することが重要であることを指摘し,多人数・マルチモーダルインタラクション研究のためのプラットフォーム構築に向けた 5~6 時間程度の公開可能なサンプルデータ収録の詳細を報告する.In this presentation, we introduce our approach toward multiparty and multimodal interaction studies. In particular, we point out the importance that we focus on three aspects, 'technology', 'theory' and 'real field', to collect naturally occurring interaction data, and report the details of collecting 5-6 hours sample data for establishing a platform for analysis of multiparty and multimodal interaction.

Journal

  • 研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)

    研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI) 2011-HCI-145(6), 1-6, 2011-10-07

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008665618
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA1221543X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Technical Report
  • Data Source
    NII-ELS 
Page Top