第12回Sakai Conference参加報告 A Collaborative Report on The 12th Sakai Conference

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

第 12 回 Sakai Conference が 2011 年 6 月 14 日~6 月 16 日に米国ロサンゼルスで開催された.本稿では今年度の Sakai Conference でのトピックスを報告する.まずカンファレンスで発表された 137 セッションを分類し Sakai コミュニティが目指す方向性を整理する.次に日本の大学での活用が今後期待される技術として Matterhorn プロジェクト,LTI,Mobile,ePortfolio について概要を報告する.また日本版 Sakai コミュニティである Ja Sakai が行ったセッションおよびテクニカルデモの内容を報告する.The 12th Sakai Conference was held at Los Angeles, U.S.A. on June 14th - 16th, 2011. This paper reports the latest information captured through the conference, including that of the Sakai direction projected from 137 sessions, technologies useful to Japanese universities in near future like Matterhorn project, BASIC LTI, Mobile, and ePortfolio. And the activity of Ja Sakai during this Sakai Conference is also informed.

収録刊行物

  • 研究報告コンピュータと教育(CE)

    研究報告コンピュータと教育(CE) 2011-CE-111(1), 1-8, 2011-10-07

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008665620
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10096193
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • データ提供元
    NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ