通常教室での授業でLMSを利用するための2つの追加機能の開発  [in Japanese] Development of 2 plugins for using an LMS at ordinary classroom teaching  [in Japanese]

Search this Article

Abstract

オンライン学習環境を前提とする課程等では、LMS (Learning Management System) は核となるシステムだが、PC 端末が設置されていない通常教室 (普通教室) で行われる授業でも、LMS が持つ機能を利用できれば、授業運営の効率化や教育効果向上が期待できる。LMS の代表格の一つである Moodle を通常教室での授業でも利用するために、2 つの追加機能 (プラグイン) を開発した。開発には全てオープンソースのライブラリやツールを用いた。これらを用いると、紙に書かれたレポートや試験解答を Moodle 上に提出された文書であるかのように扱うことができ、また、携帯電話やモバイル端末を利用した Moodle へのアクセスが手軽に行うことができるようになる。この 2 つのプラグインを同時に用いることも効果的であり、従来形態の授業と e ラーニングシステムとの乖離を橋渡ししてつなぐ手段として用いることで、高い教育効果を得ることが期待できる。LMS (Learning Management System) is the core system of e-learning-based program. It is also useful and effective for ordinary class teaching. 2 plugins for Moodle, a common opensource LMS, have been developed for utilizing Moodle also for teaching at ordinary class room. The plugins are all based on opensource libraries and tools. With the plugins paper documents can be easily accepted in Moodle as if they were submitted online, and access to Moodle using cell phone or mobile devices is made quick and easy.

Journal

  • 研究報告コンピュータと教育(CE)

    研究報告コンピュータと教育(CE) 2011-CE-111(2), 1-4, 2011-10-07

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008665621
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10096193
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Technical Report
  • Data Source
    NII-ELS 
Page Top