インドネシアバリ島で初めて分離したバナナバンチートップウイルスの分子生物学的解析 Molecular Analysis of Banana bunchy top virus First Isolated in Bali, Indonesia

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

バナナ(Musa spp.)はインドネシアのバリ島において果物としてだけでなく調理用としても重要であり,また,宗教儀式でも多用される。4年ほど前までバリ島においてバナナバンチートップウイルス(Banana bunchy top virus ; BBTV)による被害はほとんど認められなかったが,近年,急速に被害が広がったことを観察した。そこで,バリ島のバナナにおいて,BBTVと,同じくバナナの重要ウイルスであるBanana bract mosaic virus(BBtMV)の検出を血清学および分子生物学的技術で実施した。その結果,2種のバナナ品種Pisang Sari(AAB)とPisang Susu(AAA)からBBTVが検出され,そのDNA-Rの 全塩基配列を解析したところ,アジアグループに属し,また,ジャワ株,フィリピン株などとの類縁度が高いことが明らかになった。しかし,BBrMVは検 出されなかった。多くのバナナがジャワ島からバリ島に移入されており,また,病害に対する特段の防除が行われておらず,さらにBBTVの媒介虫 (Pentalonia nigronervosa)の存在が,BBTVの侵入と拡大に寄与したと考えられた。Banana (Musa spp.), locally known as `Pisang' in Indonesia, is considered one of the principal crops consumed as food, either fresh, cooked or processed, or for religious purposes. This study was conducted mainly to determine the occurrence and molecular characterization of Banana bunchy top virus (BBTV) as well as possible detection of Banana bract mosaic virus (BBrMV) in Bali, Indonesia using both serological and molecular assays. Among the 8 banana isolates representing 2 banana cultivars, Pisang Sari (AAB) and Pisang Susu (AAA), we detected BBTV using specific antibody and primer pairs on 8 samples, whereas no samples were found positive to BBrMV. The full-length nucleotide DNA-R region and putative amino acid of the replication initiation protein gene were sequenced and showed 92.2- 99.7% and 95.1-99.6% identities, respectively, with those previously isolated BBTVs from Indonesia and other isolates from the Asian group. The newly characterized BBTV isolates from Bali were grouped with Asian isolates based upon the constructed phylogenetic tree. Moreover, this study showed the first molecular diagnosis and characterization of BBTV in Bali and its rapid spread in the area was considered to be partly discussed due to importation of planting materials and presence of insect-vector aphids, Pentalonia nigronervosa.

収録刊行物

  • 東京農業大学農学集報

    東京農業大学農学集報 56(2), 125-134

    東京農業大学

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008667584
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00164184
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    03759202
  • NDL 記事登録ID
    11271293
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-552
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ