国家社会主義の皇室観 National Socialist Views on the Imperial Family

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

日本の社会主義者が皇室とどう向きあったかを考えるうえで、北一輝らのいわゆる国家社会主義者を埒外に置くことはできない。そこで北をはじめとする有力な国家社会主義者の思想と皇室観を概観し、その共通性と異質性を探る。National socialists such as Ikki Kita cannot be ignored in the study of the relationship between Japanese socialists and the Imperial Family. In this context, this paper will outline the common ground and differences in the thoughts of influential national socialists including Kita and in their views on the Imperial Family.

収録刊行物

  • 尚美学園大学総合政策論集 = Shobi journal of policy studies, Shobi University

    尚美学園大学総合政策論集 = Shobi journal of policy studies, Shobi University 12, 1-13, 2011-06-30

    尚美学園大学総合政策学部総合政策学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008667620
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12006349
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13497049
  • NDL 記事登録ID
    11277333
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z71-M997
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ