「レファ協」で拓くレファレンスサービスの新たな地平(<特集>多様化する図書館システム)  [in Japanese] New horizon of reference service pioneering by CRD (Collaborative Reference Database)(<Special feature>Diversity of library systems)  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

レファレンス協同データベース事業(以下,レファ協)は,国立国会図書館が,全国の公共図書館・大学図書館・専門図書館等と協同でレファレンスに関する大規模なデータベースを構築し,それをインターネットを通じて提供することにより,図書館でのレファレンスサービスや一般の人々の調べ物に役立てることを目的とする事業である。本稿では,まずレファ協の概要と現況を紹介する。そして2010年3月に行ったシステム改修等最近の取り組みや,レファ協によってどのような変化が生まれたのかについて述べ,最後に今後の展望と課題について述べる。

Collaborative Reference Database Project of the National Diet Library aims to build a knowledge-based database for reference services, providing records of edited questions and answers, and the process leading to the answer. The purpose of this project is to improve library service and reference activities by accumulating information. This article describes the outcome and future prospects of the project.

Journal

  • The Journal of Information Science and Technology Association

    The Journal of Information Science and Technology Association 61(5), 187-193, 2011

    Information Science and Technology Association, Japan

References:  17

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008671094
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10005857
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    0913-3801
  • NDL Article ID
    11052517
  • NDL Source Classification
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL Call No.
    Z21-144
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top