日本の図書館システムの現状 The library systems in Japan

この論文をさがす

著者

抄録

日本の図書館システムの発展に,国立国会図書館,国立情報学研究所がどのような影響を与えてきたのか概観し,大学図書館システム,公共図書館システム,学校図書館システムの現状を考察した。大学図書館システムと公共図書館システムは別々に発展してきた。現在,ほとんどの図書館は,業者の作成した図書館システムパッケージソフトを使用しているが,定期的に更新していく必要がある。図書館サービスの継続には,システム仕様書が重要である。オープンソース図書館システムの登場や図書館員による図書館システムの研究も活発になりつつある。

From historical reasons, library systems in Japan were affected by two national bibliographic utilities from National Diet Library and National Institute of Informatics. This article reports the present conditions of library systems at academic libraries, public libraries, and school libraries in Japan. The academic library systems and the public library systems have been developed separately. Today, most libraries have deployed a library system package software that vendors made, and have to upgrade or change the system every several years. For continuation of library service, library system requirements specifications are important. A high-performance open source library system has been developed in Japan. Also, the researches on the library system by librarians are becoming active. It is the new movement that library systems develop into.

収録刊行物

  • 情報の科学と技術 = The journal of Information Science and Technology Association

    情報の科学と技術 = The journal of Information Science and Technology Association 61(5), 194-199, 2011-05-01

    社団法人情報科学技術協会

参考文献:  47件中 1-47件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008671095
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09133801
  • NDL 記事登録ID
    11052535
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ