図書館と文学館の連携(<特集>図書館にできること:周辺との連携を中心に) Library and Literary Museum collaboration(<Special feature>Capabilities of collaborations with libraries)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

文学館と呼ばれる施設は,文学を対象とした専門図書館として機能している。また,文学館は博物館や文書館としての特徴も兼ね備えている。図書館と文学館との連携には,施設の規模による違いが見られる。連携を考える場合には,それぞれの施設の形態のみに注目するのではなく,収集対象としている資料の主題分野のほか,それに関係する個人や団体にも関心を払うことが求められる。

Facilities called "literary museums" have the function of being libraries specialized in literature. They also have the features of being museums and archives. There are differences in the ways in which libraries and literary museums are linked with one another, depending on the scale of the facility. When considering issues related to such linkages, it is necessary to not only focus on the format of each facility and how they operate, but also individual groups, as well as topics and fields of materials to be collected.

収録刊行物

  • 情報の科学と技術

    情報の科学と技術 61(6), 233-237, 2011

    一般社団法人 情報科学技術協会

参考文献:  25件中 1-25件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008671103
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0913-3801
  • NDL 記事登録ID
    11087026
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ