ストレス社会が求める"くすり"の創薬研究-天然生薬からの新規抗うつ・抗不安様物質の発見- The drug development studies demanded on stressful society -Dicsovery of novel antidepressive and anxiolytic substances from natural herb-

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

1950年代にイミプラミンの抗うつ効果が発見されて以来,三環系ならびに四環系抗うつ薬,選択的セロトニン再取り込み阻害薬,およびセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害などの様々な抗うつ薬が開発され,うつ病の薬物治療は大きな発展を遂げた。しかし,これらの抗うつ薬の治療効果や安全性には未だ満足できない面もあることから,より有効性や安全性が高い新規抗うつ薬の開発が望まれている。蘇葉は,現在臨床において,うつ病や不安障害に対する有効性が認められている数種の漢方処方に共通して配合されている要薬の一つである。最近,著者らは,蘇葉に含まれるロズマリン酸およびその主要代謝産物カフェー酸が新規の抗うつ・抗不安様物質であることを明らかにした。また,神経化学的検討において,ロズマリン酸およびカフェー酸は,現在臨床で使用されている抗うつ薬の主たる薬理作用であるモノアミン再取り込み阻害作用やモノアミン酸化酵素阻害作用を有さないことを明らかにした。したがって,今後,これら両化合物の薬効の特徴や作用機序の詳細を明らかにすることにより,うつ病や不安障害に対する新規治療薬の開発やこれら疾患の病態生理の解明の一助になるものと考える。

Since antidepressive activity of imipramine was identified in 1950s, various antidepressants, including tricyclic or tetracyclic antidepressants, selective serotonin reuptake inhibitors and serotonin noradrenaline reputake inhibitors, have been developed, and the drug treatment of depressive disorder has made much progress. However, there are also a number of problems on the therapeutic efficacy as well as safety of existing antidepressants, and therefore, it should be necessary to develop more effective novel antidepressants. The leaves of Perilla frutescens Britton var. acuta Kudo (Perillae Herba) are commonly found in traditional oriental herbal medicines, which are primarily used to treat depression and onxiety-related disorders. We have recently identified rosmarinic acid as well as its major metabolite caffeic acid as novel antidepressive and/or anxiolytic-like substance from components within Perillae Herba. Also, neurochemical studies habe rebealed that neither rosmarinic acid or caffeic adic affects the uptake of monoamines and monoamine oxidase activity, which may underlie the therapeutic value of existing clinically effective antidepressants. Therefore, further studies on the mechanismis involved in the antidepressive- and/or anxiolytic-like properties of both substances could help to explain the patholosiology underlying depression and anxiety disorders, and pave the way for the development of new therapeutic drugs.

収録刊行物

  • 国際医療福祉大学紀要

    国際医療福祉大学紀要 13(1), 1-10, 2008-07-31

    国際医療福祉大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008671986
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1059280X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13424661
  • NDL 記事登録ID
    9617711
  • NDL 雑誌分類
    ZS7(科学技術--医学)
  • NDL 請求記号
    Z19-B929
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ