第6回東京女子医科大学メンタルヘルス研究会(平成23年6月23日)  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

症例は23歳男性。6歳で肥大型心筋症の診断。22歳まで症状なく経過。,2008年12月初回心不全発症。CTR67% BNP1000。近医にて利尿剤、β遮断薬、,ARB阻害薬アミオダロン導入された。著明な心拡大とEF11%と高度低心機能低下を認めた。当院紹介入院となり精査の結果、肥大型心筋症拡張相の診断となった。2009年1月CRTD植え込み施行。BNPは258まで改善した。また他院で中学生のころからうつ病との診断でソラナックス1.6mgとアナフラニール20mgが処方されていたが、循環器系への副作用も考慮しリエゾンコンサルト。3環系抗うつ薬のみ中止し、ソラナックス内服で経過観察となり、心不全も安定したため退院となった。その後NYHA IIで経過。CRTD作動なし。2009年6月貧血進行と腎機能悪化で入院。保存加療で改善し退院となったが、この再入院を契機に健康に対する不安が増強し、同年11月に精神科再コンサルトとなった。特定不能の広汎性発達障害を基盤とした不適応と診断された。認知行動療法を導入する一方で、過剰な食事制限や行動制限などの強迫的傾向の緩和目的でSSRI(sertraline 25mg)開始となった。11月50mgに増量。その後精神症状は改善傾向にあり現在通院加療継続している。本例は若年性で高度心機能低下があり、循環器疾患による身体制約も多い。CRTD植え込み例であり心理的負荷のリスク要因が多いと考えられた。このようなケースでは循環器治療と並行して心理的問題の抽出が重要であり,認知行動療法やSSRIなどの薬物療法の検討も必要であると考えられた。,

Journal

  • Journal of Tokyo Women's Medical College

    Journal of Tokyo Women's Medical College 81(5), 381-382, 2011-10-25

    Tokyo Women's Medical University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008672492
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00161368
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    00409022
  • Data Source
    NII-ELS 
Page Top