しづ心なく花のちるらむ : ム系助動詞と「設想」 The Blossoms Fall in a Flurry : Mu-type Auxiliary Verbs and "Conceptualization"

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

連体形終止、及び、連体形+ヨの終止には、述語にム・ラム・ケム(=ム系)を持ちつつ、推量・意志の文とは解しがたい例を見るが、それらは、以下の2類に区分される。・I類言語主体の推量・意志の作用とは関わりなく構成される未来事態を表すもの。・II類言語主体にとって、本来在るはずの姿とは齟齬する既実現の事態を表すもの。I類に表される未来事態とは、言語主体に思い描かれることによってのみ存在する事態である。一方、II類の言語主体は、本来在るはずの姿と齪齬する事態に惑い、改めてその存在を思い描くものと考えられる。以上より、これらI類・II類のム系は「事態が現実世界に存在することを思い描く」作用(=「設想」)を担う形式であると結論する。

There are some examples of rentaikei endings and rentaikei+yo endings with mu, ramu, or kemu (the mu-type auxiliary verbs) in the predicate position to express speculation or preference. These are divided into the following two categories. Category 1: Expressing a future situation unrelated to speculation or preference regarding the language agent. Category 2: Expressing an existing situation that is inconsistent with the expectation of the language agent. The future situation given in Category 1 exists only in the imagination of the language agent. In contrast, the language agent in Category 2 is confused by the situation that differs from expectations and imagines its existence once again. From the above, we conclude that these mu-type auxiliary verbs in Categories 1 and 2 have the function of "imagining a situation existing in the real world" (conceptualization).

収録刊行物

  • 日本語の研究

    日本語の研究 7(1), 16-31, 2011

    日本語学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008672908
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11998386
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1349-5119
  • NDL 記事登録ID
    10955728
  • NDL 雑誌分類
    ZK22(言語・文学--日本語・日本文学)
  • NDL 請求記号
    Z71-M894
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ