隠れマルコフモデルに基づく指文字合成システムの開発 Development of motion generation system for Japanese fingerspell based on HMM

この論文をさがす

著者

    • 酒向 慎司 SAKO Shinji
    • 名古屋工業大学大学院工学研究科情報工学専攻 Department of Computer Science and Engineering Graduate School of Engineering, Nagoya Institute of Technology
    • 北村 正 KITAMURA Tadashi
    • 名古屋工業大学大学院工学研究科情報工学専攻 Department of Computer Science and Engineering Graduate School of Engineering, Nagoya Institute of Technology

抄録

本報告では、任意の文字列から3次元CGによる指文字アニメーションを合成するために、データグローブ等から得られたデータからその生成モデルを学習的に構成する手法と、そのアニメーション提示ソフトウエアの試作について述べる。本手法では、データグローブから得られる手形状のパラメータの系列から、手形状とその時間変化を隠れマルコフモデルによって学習し、任意の文字列から対応する手形状のパラメータを直接生成する手法である。これは、隠れマルコフモデルに基づいた音声合成の枠組みを応用したものである。これにより、自然な手指の形状変化の生成モデルを、実際の人の動作をもとに自動学習することが可能となる。実験では、902単語の指文字データから手形状や手の位置などの情報を考慮したモデルを学習し、それを組み込んだ3次元指文字CGアニメーション合成プログラムを開発した。

This paper describes a technique for 3D-CG animation system for Japanese fingerspell. We adopted the framework of HMM-based speech synthesis framework for synthesis fingerspell. In this system, a sequence of the parameter represent finger shape and motion which are captured from dataglove devices is modeled in a framework of hidden Markove models (HMMs), and context dependent HMMs are constructed by taking account of contextual factors that affects finger motion. Synthetic fingerspell motion is generated from HMMs themselves by using parameter generation algorithm. In the experiments, we confirmed that smooth and natural trajectory of fingerspell parameter. Also we developed the software for 3D-CG Japanese fingerspell animation.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. WIT, 福祉情報工学

    電子情報通信学会技術研究報告. WIT, 福祉情報工学 110(384), 31-36, 2011-01-15

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008675518
  • NII書誌ID(NCID)
    AA1155230X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    10969645
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ