視線推定を用いた遠隔視覚的共同注意の実現 Realization of Visual Joint Attention in Remote Environment Based on Gaze Estimation

この論文をさがす

著者

抄録

人間同士の対話において,相手が何を見ているかが分かるという状況を視覚的共同注意と呼び,自然なコミュニケーションのために重要である.一方,現在一般に普及しつつある遠隔地間の映像対話コミュニケーションツールでは,映像と音声を互いに送受信することによって対話を実現してるが,相手の視線に関する情報が伝え難いため,共存感が得られ難く,自然なコミュニケーションという観点からは問題である.そこで本研究では,遠隔地間での視覚的共同注意を実現するための要素技術として,対話者の視線を推定する手法について考察する.

In our conversation, the situation of understanding what the other person is looking is called a visual joint attention, and it is important for natural communications to establish the visual joint attention. On the other hand, remote communication tools handling with video and audio are recently widespread. However, these tools cannot establish natural communication because they cannot transmit information about other person's line of sight. In this paper, we study gaze estimation of interlocutors for in remote environment for element technology of realization of remote visual joint attention.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解

    電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解 110(381), 393-397, 2011-01-13

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008675817
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10541106
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    10970694
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ