指示方向の推定による遠隔共同注意の実現 Realization of Joint Attention between Remote Locations base on Estimation of Pointing Gesture

この論文をさがす

著者

抄録

同じ空間で直接対話する状況では,相手の様子が把握できるだけでなく,両者を含む空間内の物体に対する指示に関する情報を共有することが容易である.このような,同じ物体に対して共通して注意を向けることを共同注意と呼ぶ.一方,Skype などに代表される遠隔地間の映像対話コミュニケーションツールが普及してきている.遠隔地の相手の映像を見ながらの対話では,互いの様子を把握することは可能であるが,それぞれの空間に存在する物体あるいは,仮想空間に存在する物体に対する指示に関する情報を共有することが困難である.そこで本研究では拡張現実空間を介した遠隔地間コミュニケーションの環境において,対話者の指による指示の方向を推定し,その情報を対話者間で共有することで,遠隔地間で共同注意を実現する枠組みを提案する.

In the situation that we directly talk with others in a same space, it is easy to sense others' situation and to share information on the instruction to the object in the space including us. When some people take some attention to the same object, it is referred that a joint attention is established between them. On the other hand, communications tools such as Skype etc are recently widespread. We can talk with remote people by those video conversation tools. An appearance each other can be understood in the conversation of seeing the video of the others in the tools, but it is difficult to share information on the instruction to the object that exists in each space or the object that exists in a virtual space. Therefore, in this paper, we propose a framework of realization of a joint attention in remote communication environments constructed by technique of augmented reality. The direction of hands of people in remote conversation is estimated and shared by them in order to sense support joint attention.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解

    電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解 110(381), 399-403, 2011-01-13

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008675818
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10541106
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    10970696
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ