太陽エネルギーを利用した無線センサネットワークにおける停止ノード再稼働条件の導入によるノード稼働率の向上 Improvement of the Node Activity Rate by Introduction of New Inactive Node Reactivation Condition in Solar-Powered Wireless Sensor Networks

この論文をさがす

著者

抄録

太陽エネルギーの取得を行う無線センサネットワークにおけるノード稼働率の向上を目指している.ネットワーク全体の消費エネルギーを低減できる方法として,データ送信時にノードがデータの中継を行う協力伝送方式がある.しかし,取得エネルギーの変動を考慮しない場合,夜間にノード稼働率が低下する問題が生じる.本稿では,電池切れにより停止したノードの再稼働条件を導入することで昼夜のノード稼働率の平滑化を行い,要求される高いノード稼働率を達成する.

Our goal is improvement of the node activity rate in solar-powered wireless sensor networks. One method to reduce the consumption energy of the entire network is a cooperative transmission that uses a relay node when a node sends data. But if we don't consider the change in harvesting energy, the node activity rate is declined during nighttime. In this paper, we smooth the day-and-night node activity rate by introducing the new inactive node reactivation condition and achieve the required high node activity rate.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. USN, ユビキタス・センサネットワーク : IEICE technical report

    電子情報通信学会技術研究報告. USN, ユビキタス・センサネットワーク : IEICE technical report 110(378), 137-142, 2011-01-13

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008675892
  • NII書誌ID(NCID)
    AA1221489X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    10971299
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ