チャット交流における学習者のテーマ選好と言語知識の獲得 The relationship between acquiring linguistic knowledge and learners' interests of Internet chat topics

この論文をさがす

著者

抄録

ユビキタス社会の到来は、第二言語の習得手段や学習体験の場をより動的、融合的な形態へと変貌させ、言語学習活動に恩恵をもたらす反面、言語知識とその情報処理を、いつ、誰が、どのように設定、遂行するのかという新たな課題をもたらした。本文は中国語チャット交流時の会話ログおよびアンケート回答から、学習者のテーマ選好と言語知識獲得との相関について考察する。分析の結果、多言語、異文化環境での言語学習には、参加者の積極的な自己開示を促すテーマ選択がコミュニケーションを活性化すると同時に、明示的な学習タスクの設定が言語知識習得に寄与することが示された。併せて外国語学習に必要な情報処理システム構成に関し提言を行う。

With the booming of ubiquitous learning, methods and learning experiences of second language acquisition become more dynamic and interactive, which dramatically benefit the language learning process. On the other hand, this ubiquitous learning trend brings a new challenge of how to properly utter the linguistic knowledge and information processing of the target language. This research aims to investigate the co-relationship between learners' topic preference and linguistic knowledge acquisition through Chinese chat logs and questionnaire. The research results indicate that in multi-languages and intercultural language learning settings, topics which can facilitate chat participants' active self-disclosure improve communication ; meanwhile, explicit learning tasks can enable effective communication and linguistic knowledge acquisition. In the conclusion, the research advices the necessary construction of information process system for foreign language learning.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. ET, 教育工学

    電子情報通信学会技術研究報告. ET, 教育工学 110(405), 13-16, 2011-01-21

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008676264
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013163
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    10969176
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ