Follow-up Investigation into English Education Perceived by Students in High School in Akita Prefecture : Its Ideal in the 1994-2002 Course of Study and Reality in Classes :

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本研究は、「秋田県における日本人英語学習者の語学学習が異文化に対する態度に及ぼす影響」について調査したグリフィス大学と秋田大学の共同研究(2001~2002年)の調査結果を補完し検証することを目的として実施された。本研究の目的は、「学習目的と指導目的」,「1994~2002年の学習指導要領に描かれている理想と実際の授業とのずれ」,「大学入試の影響」という3つの観点から,秋田県の高校の英語の授業で実際に起こっていることを,大学新入生に対するアンケートによる意識調査を通して明らかにしようとしたものである。調査は秋田大学と日本赤十字秋田短期大学の新入生303名に対して実施された。注目に値する結果が数点導き出され、うち3点を以下に挙げる。第1点目は学習目的に関する結果である。約20パーセントの生徒が大学入試に合格するため、または、教科のひとつとして積極的に英語を学習している。さらに20パーセントの生徒が基本的コミュニケーション能力育成のための学習に満足して英語学習に取り組んでいる。その他60パーセントの生徒は、実用的な英語の学習をしたいという気持ちを抑えるか、学習しなくてはならないものと甘んじるか、コミュニケーションのための英語の授業に不満を感じるかしながら消極的に英語を学習している。第2点目は、1994~2002年の学習指導要領で協調されているコミュニケーション重視の概念は実際の授業には十分に取り入れられていなかったという結果である。第3点目としては、高校の英語の授業は大学入試のために行われていると生徒に意識されていた。

To supplement and verify findings in the 2001-2002 Griffith-Akita joint research analysis, the present questionnaire research was made through the perception of university freshmen with recent memories of their high school English classes. The objective of this study was to present what had been occurring in high school English classes from three viewpoints: the learning and teaching purposes, the gap between the ideal in the 1994-2002 Course of Study and the reality in classes, and the influence of university entrace examinations. A questionnaire was administered to 303 first-year students at Akita University and the Japanese Red Cross Junior College of Akita. This research shows several major findings. First, about 20% of the students learn English positively to pass entrace examinations or as one of the school subjects; another 20% learn English, satisfied with learning basic communication skills; the other 60% of the students learn English, suppressing their demand to learn more practical English, just accepting it as what they have to learn, or feeling discontent with the present teaching methods for communicative teaching. Second, the emphases on communication in the 1994-2002 Course of Study have not been sufficiently incorporated into actual classes. Third, high school English classes are predominantly conducted for university entrace examinations.

Journal

  • Tohoku TEFL : JACET東北支部紀要

    Tohoku TEFL : JACET東北支部紀要 1, 47-64, 2005

    大学英語教育学会(JACET)東北支部

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008682301
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12507435
  • Text Lang
    ENG
  • Data Source
    NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top