スマートフォンを用いた歩行動作改善ツールの開発  [in Japanese] A Smartphone Application for Improving Gait  [in Japanese]

Search this Article

Abstract

日常で歩行は何気なく行われている.しかし,何も考えずにに歩いていると知らない内に悪い癖がつき,身体に様々な問題が起こる可能性がある.これらの問題は姿勢を意識することで予防・改善することができる.そこで本稿では,スマートフォンに内蔵されている加速度センサを用いて歩行分析を行うことで,歩行時に良い姿勢を意識させるアプリケーションを検討・開発した.これにより,歩行中に悪い姿勢であったときに警報音が鳴り,常に正しい姿勢を使用者に意識させることが可能となった.Although walking is a daily natural action, it might cause many body issues by bad habits of the action unconsciously. Such issues are preventable by consideration good gait. To help this, an application is implemented, which analyzes gait by acceleration sensors embedded in smart phones. The application alarms when bad gait is detected to make user conscious of own gait.

Journal

  • 情報処理学会研究報告[ユビキタスコンピューティングシステム]

    情報処理学会研究報告[ユビキタスコンピューティングシステム] 2011-UBI-32(7), 1-8, 2011

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008682492
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11838947
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • Data Source
    CJPref  NII-ELS 
Page Top