ページ要素をデータベースに直接結び付けるフレームワークとWebサイト設計手法  [in Japanese] The Framework Binding Page Elements To Database Directly, And How To Involve In Web Site Development  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

筆者が開発した Web アプリケーション用フレームワーク INTER-Mediator は主として小規模な開発を考慮したものである.一般的なフレームワークではサーバ側で HTML 文字列処理によるページ生成をするが,INTER-Mediator はクライアント側で DOM ノードに対する処理を行う.ページ内の要素の属性にテーブル名やカラム名の情報を付与することで,自動的にデータベースとページ要素が連動し,要素の属性や値が設定される.複数のレコードに対しては連動してノード複製を行う.サーバ側あるいはクライアント側に処理を追加して,複雑な処理を組み込める.In this paper, I introduce the framework "INTER-Mediator" for Web application development. It could be applied to small scale development. Although general web application frameworks are working as the HTML generator with string operations on server, INTER-Mediator is working on client side with operating DOM nodes. By supplying the information of tables and columns to elements of the HTML page, these elements automatically synchronize with database. Each element will be duplicated with multiplying alone with records. It can be added on any programs to both server and client side, so it could develop with complex demands.

Journal

  • 研究報告データベースシステム(DBS)

    研究報告データベースシステム(DBS) 2011-DBS-153(31), 1-8, 2011-10-27

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008682639
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10112482
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Technical Report
  • Data Source
    NII-ELS 
Page Top