パッシブタッチ条件におけるやわらかさ知覚のメカニズム  [in Japanese] Sensory Perception Mechanism on Softness under Passive Touch Condition  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

手で物に触れるときのやわらかさには,「硬さ」の次元と「弾力」の次元がある.一方,物理計測によるやわらかさ(コンプライアンス)は平衡弾性係数と緩和弾性係数を用いたマクスウェルモデルによる表現が可能である.指を軟物体に自由に押し込むアクティブタッチ条件では,「硬さ」と「弾力」の感性評価にはともに平衡弾性係数の寄与が大きく,「硬さ」には緩和弾性係数が正の寄与を,「弾力」には負の寄与をしていることが報告されている.本論文では,軟物体が固定された指先に一定の速度で押し当てられるパッシブタッチ条件において,速度と最大荷重を制御した感性評価実験を行った.その結果,「硬さ」と「弾力」は区別することができず,速度の小さい条件では緩和弾性係数が感性評価に影響していないことが明らかとなった.

Journal

  • The IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences (Japanese edition) A

    The IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences (Japanese edition) A 94(8), 657-665, 2011-08-01

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  15

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008687315
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10013345
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    09135707
  • NDL Article ID
    11199375
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-605
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top