同期減算処理を利用した位相干渉に基づく音響測距法の検討 A Study of Acoustic Distance Measurement Method Based on Interference by Using Synchronous Subtraction Processing

この論文をさがす

著者

抄録

我々はこれまで,可聴音域に拡張した送信波と反射波の位相干渉に基づく近距離推定法について検討してきた.本研究では,対象物のある環境とない環境での同期収録信号をスペクトル減算することで,バックグラウンド要素を除去する音響測距法を検討する.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界 = The transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. A

    電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界 = The transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. A 94(8), 676-679, 2011-08-01

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008687319
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013345
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    09135707
  • NDL 記事登録ID
    11199413
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-605
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ