特徴点の高速照合とその文書画像検索への応用  [in Japanese] Fast Matching of Feature Points and Its Application to Document Image Retrieval  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

    • 黄瀬 浩一 KISE Koichi
    • 大阪府立大学大学院工学研究科知能情報工学分野 Graduate School of Engineering, Osaka Prefecture University

Abstract

特徴点の集合で表された対象の照合は,画像認識だけではなく,バイオインフォマティックスなど様々な課題に登場する基本的な問題である.従来,この問題は,Geometric Hashingと呼ばれるアルゴリズムによって解決が図られてきた.しかしながら,この手法には対象が大規模化すると計算量の問題が生じるという弱点がある.これに対して筆者らは最近,LLAH(Locally Likely Arrangement Hashing)と呼ぶ新しい手法を提案し,大規模な特徴点照合(600点と60億点の照合)が単一CPUでも高速(60ms以内)に行えることを示した.本稿ではこのアルゴリズムについて概説するとともに,文書画像検索への応用についても述べる.

Journal

  • The Journal of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

    The Journal of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers 94(8), 735-740, 2011-08-01

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  9

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008687337
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN1001339X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    09135693
  • NDL Article ID
    11199313
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-192
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top