大型貨物船内PLCに適した配線方法の検討 Wiring method improvement for the high speed PLC in cargo ships

この論文をさがす

著者

抄録

高速電力線通信(PLC)技術の産業用途の一つとして,船内LANが期待されている.本稿で対象としている大型貨物船内の電力線は,一般家庭に比べ信号減衰量が大きいという特徴がある.その主な原因は,分電盤の回路数が多いためである.そこで分電盤1回路あたりの減衰量を定量的に求めるとともに,回路数の削減が有効な改善方法であることを述べている.次に有効な方法は,周波数特性のより良い材質のケーブルに変更することであった.また,ケーブルの終端をインピーダンスマッチングさせる方法について検討した結果,信号減衰量の軽減には貢献しないものの,スループットの改善には有効であろうことが述べられている.

Broadband Power-line Communication (PLC) based Local Area Networks (LAN) in ships are one of the promising applications of the PLC technology. It is a feature of power-line channels in cargo ships, which are the target of this paper, that the amount of the signal attenuation is larger than that in homes. It is the main reason of the attenuation that there are a lot of circuits in distribution panels. Then, the amount of attenuation per circuit has been estimated in this paper, and it is described that the reduction of the number of circuits was the most effective improvement method. The next effective method was to change the insulating material of power-line cables to the lower attenuation one. Moreover, it has been described that the impedance matching at the end of cables might be effective in the improvement of throughput performance, though it doesn't contribute to reduce the amount of the signal attenuation.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. SIP, 信号処理 : IEICE technical report

    電子情報通信学会技術研究報告. SIP, 信号処理 : IEICE technical report 110(440), 73-78, 2011-02-24

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008688535
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11943613
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    11048399
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ