表面筋電位信号を用いた拮抗力のばらつきによるスキル評価方法  [in Japanese] Skill Evaluation Method Based on Variability of Antagonism Power of EMG  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

運動の習熟度評価を考えた時,その習熟を様々な観点から考えることができる.発揮される力の大きさ,速さの最大値や適切値,一連の運動のスムーズさ,瞬間的な反応,同様の運動を行える再現性,他者や自然などの外乱に対する適応力など様々考えられる.このようなものの中には成績やパフォーマンスによって比較的容易に量的に評価することが可能であるものも存在する.しかし,「再現性」を評価する事は比較的困難である.毎回ヒットを打てる状態や,毎回同じ結果を出せるような状態は結果論からでしかわからないことがほとんどである.再現性の高い運動かどうか,それを私達は筋活動の様子から判断できるのではないかと考えた.そこで今回私達は,筋の活動の様子が反映されるEMGから,拮抗力という指標を新しく導き出し,それを用いる.これは,筋の出力を調整する意味を持つものである.この出力を調整する機能は運動スキルを評価する上で非常に有用だと考えた.この拮抗力を,擬似筋張力モデルと単関節モデルを用いて算出する.そして,習熟している状態と未習熟の状態を比較した.その結果,習熟度の違いが拮抗力に現れる結果となった.今回定義した拮抗力は運動スキルを評価する新しい指標として有効であると考える.

The exercise skill that the expert of the exercise skill can achieve is formed based on tacit knowledge such as experience or the perception of the person in question. It is very difficult to tell information saved by the person in question of these to another person. Because the judgment that is right because such a method is a sense-like and common judgment are difficult. Therefore it is controlled greatly by the state of own and judges it from wrong form, and the reason is because in the first place the improvement method of the exercise skill is good, and it sometimes has that it loses it. Therefore I performed examination I exercised with the line electric potential that was inside index in this article, and to evaluate it.

Journal

  • IEICE technical report

    IEICE technical report 110(456), 183-187, 2011-02-28

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  21

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008688880
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10013006
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL Article ID
    11046729
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-940
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top