ランナーのフォームに基づく仮想競争デバイスの開発

この論文をさがす

著者

抄録

本稿では,ランニング中に,過去の自分のべストとされる仮想ランナーとの競争表示と,腕の振りを意識させるアウェアネスにより,ランナーのペースアップ訓練環境を構築する.ペースのみを主体的に意識しているフォームが未熟なランナーに対し,訓練過程にフォームを意識させる支援を行うことで,ペースアップ訓練における身体的パフォーマンスの向上を支援する.加速度センサを用い,ランナーの前方方向への加速度からランナーのペース推定と,腕振りから得られる加速度によって振りの幅の推定を行う.これらのパラメータ変化に即してランナーに支援情報を示し,ペース向上を促す支援デバイスを開発する.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. ET, 教育工学

    電子情報通信学会技術研究報告. ET, 教育工学 110(453), 311-316, 2011-02-25

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008689251
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013163
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    11047600
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ