OS1003 Ti-Ni超弾性合金の耐キンク性(OS10-01 形状記憶材料の特性と応用1,OS10 形状記憶材料の特性と応用)  [in Japanese] OS1003 The kink resistance of Ti-Ni superelastic alloys  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

形状記憶合金の本格的応用開発が開始されて以来35年、おもちゃから医療まで数多くの商品に実用化され、その幾つかは他の材料では代替不可な素子となっている。一方、実用材Ti-Ni合金は繰り返し使用によるキンク発生時、折損し易く且つナイフ状破面となる欠点を持つために、適用範囲が制限され、特に生体への応用を慎重にさせている。しかし、加工、熱処理などによる合金特性改善のみならず、材料高清浄化、新合金設計など新しい用途に向けた研究開発が進んでいる。

Journal

  • The Proceedings of the Materials and Mechanics Conference

    The Proceedings of the Materials and Mechanics Conference 2008(0), _OS1003-1_-_OS1003-2_, 2008

    The Japan Society of Mechanical Engineers

Codes

Page Top