矯正歯科治療前後におけるカリエスリスクの臨床的評価 Clinical evaluation of caries risk in orthodontic patients before and after active treatment

この論文にアクセスする

著者

抄録

本研究の目的はマルチブラケット装置による矯正治療を終了した患者における動的治療前後でのカリエスリスクの変化を明らかにすることであった。研究対象は2000年から2007年の間に当院を受診した矯正治療患者103人(男性17人、女性86人)であった。初診時平均年齢は平均19.4歳(範囲:8〜51歳)であった。対象者には初診時および動的治療終了時の2時点でカリエスリスク検査を施行した。検査項目は唾液分泌量、唾液緩衝能、ストレプトコッカスミュータンス菌(SM菌)数、ラクトバチルス菌(LB菌)数、1日の飲食回数、プラークの蓄積量、フッ化物配合歯磨剤などフッ化物の使用状況、そしてDMFTの8項目であった。ウィルコクソン符号順位検定の結果から、SM菌数、1日の飲食回数、プラークの蓄積量、フッ化物の使用状況の4つの項目において初診時に比べ動的治療後の判定値が有意に(1%レベル)低下していた。そのほかの項目では治療前後での判定値の有意差は認められなかった。スピアマン順位相関の結果から、両時点ともに有意な相関を示したものは唾液分泌量と唾液緩衝能、SM菌数とLB菌数、SM菌数とプラーク量の3つの組み合わせであった。以上の結果から、矯正治療は同時に患者のカリエスリスクを低減させることが強く示唆された。この結果は不正咬合の形態的、機能的な改善から生じたのみならず、長期の治療期間を通じての患者の口腔清掃に対するモチベーションの向上によるものでもあると考えられる。

The purpose of this study was to evaluate the risk of caries in orthodontic patients before and after active treatment. One hundred and three patients (17 males, 86 females), who were treated in the Obihiro Art orthodontic clinic between 2000 and 2007, participated in the study. The mean age at the first examination was 19.4 years old (range : 8-51 years old). A caries risk test was carried out on all subjects at the first examination and at the end of active treatment. The test consisted of eight items, including volume of saliva secreted over 5 minutes, salivary buffering capacity, number of colonies of Streptococcus mutans, number of colonies of Lactobacillus, eating frequency per day, amount of plaque attached to teeth, daily usage of fluoride toothpaste and/or fluoride gargles and DMFT. From the results of a Wilcoxon signed-rank test, four items (number of colonies of Streptococcus mutans, eating frequency per day, amount of plaque attached to teeth, and daily usage of fluoride toothpaste and/or gargles) at the end of active treatment significantly lowered the risk of caries (P<.01). The other four items showed no difference in caries risk before or after active treatment. From the results of Spearman's rank correlation, three pairs (volume of saliva and salivary buffering capacity, number of Streptococcus mutans and of Lactobacillus, number of Streptococcus mutans and amount of attached plaque) were significantly correlated at both periods. The results of this study strongly suggest that orthodontic treatment simultaneously reduces the caries risk of the patient. This is thought to be due to the morphological and functional improvement of malocclusion, as well as encouragement of the patient's motivation for oral hygiene.

収録刊行物

  • 北海道矯正歯科学会雑誌

    北海道矯正歯科学会雑誌 36(1), 3-12, 2008

    北海道矯正歯科学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008699400
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0916-202X
  • データ提供元
    NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ