諷刺の笑いとその応答 : 不敬罪を軸に II  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

戦前にあった不敬罪は天皇に対する嘲笑を罰し防止しようとするものであったが、戦中にいたるまで、その対象範囲は拡大し、その犯意詮索は細かな行為にまで及んだ。戦後、新憲法発布を機に、不敬罪そのものは廃止となったが、その思想は消滅することなく現在にいたっている。この報告では不敬罪廃止期前後の天皇制を嘲笑するプラカード事件、「風流夢譚」事件、御名御璽事件をとりあげ、「おわりに」では天皇制信仰と同じく絶対思想を持つムハンマド信仰が引き起こした「悪魔の詩」翻訳者殺人事件を紹介する。

Journal

  • Japanese Journal of Laughter and Humor Research

    Japanese Journal of Laughter and Humor Research 18(0), 3-13, 2011

    The Japan Society for Laughter and Humor Studies

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008712984
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    2189-4132
  • Data Source
    NII-ELS  J-STAGE 
Page Top