不登校研究の展望--国内における70年代までの「学校恐怖症・登校拒否」 Review of "school phobia" and "school refusal"

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は、不登校の児童生徒への臨床心理学的援助の基礎的研究として、国内におけるこれまでの学校恐怖症、登校拒否、不登校に関する文献を整理し概観し、それを通して不登校問題の理解と対応を深めることを目的とした。関連文献は膨大な量にのぼるため、今回は国内における70年代までの文献を対象とし、当時の不登校を指す名称である「学校恐怖症・登校拒否」の時期とした。具体的には、データベースCiNiiを用いて、「学校恐怖症・登校拒否」に関する臨床心理学の学術論文を検索ならびに収集した。そして、入手した学術論文を「事例研究」と「調査研究」にわけ、さらに前者については「来談者中心療法/力動的心理療法」、「行動療法」など、後者については「心理査定」、「心理面接・治療過程」、「要因・類型化」、「予後」にわけ、それぞれの分類ごとに内容を検討した。

For basic discussion about non-attendance at school on clinical psychology, the purpose of this study was to review of literatures about"school phobia" and"school refusal". This study was focused on papers about "school phobia"and "school refusal"until 1970's in Japan. Database "CiNii"was used for the source of papers in academic journal. As a result, they were classified into clinical study and empirical research. Moreover, clinical study were classified into "client-centered therapy / psychodynamic therapy", "behavior therapy". Empirical study were classified into "psychological assessment", "process on psychotherapy", "factor analysis", "prognosis". It was discussed on each classification.

収録刊行物

  • 上越教育大学研究紀要

    上越教育大学研究紀要 30, 123-132, 2011-02-28

    上越教育大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008720271
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10284863
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    09158162
  • NDL 記事登録ID
    11018101
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z22-1197
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ