唾液アミラーゼによるストレスの評価 Evaluation of Human Stress using Salivary Amylase

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

唾液アミラーゼ活性(SAA)は,血漿ノルエピネフリン濃度と相関が高いことが良く知られており,ストレス評価における交感神経の指標として利用されている.ストレス研究への利用を目的として,本研究者らは携帯型の唾液アミラーゼモニターを実用化した.このバイオセンサは,使い捨て式のテストストリップと,唾液転写機構を備えた本体(130×87×40mm^3;190g)で構成されている.分析時間は1分ほどで,迅速なSAAの分析が可能である.本論文は,ストレッサーと唾液アミラーゼの変化量の関連性を定量的に示すことで,エビデンスの構築に資することを目的としている.今まで報告されてきた事例研究のデータを用い,ストレッサーを精神的なストレッサー,精神的・肉体的双方のストレッサー(心身ストレッサー),肉体的なストレッサーに分類した.ストレッサーに起因する唾液アミラーゼ活性の変化量を算出し,ストレッサーの種類で比較した.唾液アミラーゼは,その感度が鋭敏なことから,快・不快の判別が可能であることが示された.特に,急性のストレス評価に有効であると考えられた.このバイオセンサは,測定自体がストレスとなることなく,非侵襲,即時,随時,簡便なストレス計測手法として有効である.

Salivary α-amylase activity (SAA) levels correspond to plasma norepinephrine concentrations and are increasingly utilized as an accessible measure of sympathetic nervous system reactivity to stressors. To allow ambulatory assessment of SAA levels, we have developed and validated a point-of-care, colorimetric, SAA biosensor (Salivary amylase monitor). The biosensor comprises of a disposable test-strip and a hand-held reader (130×87×40mm^3; 190g), incorporating an optical reader and a saliva transfer device. The sampling-reporting cycle (<1 minute) allows speedy reporting of SAA levels. The purpose of this study is to contribute the construction of evidence-based medicine of stress evaluation by showing the relationship between the stressor and the SAA. The stressor was classified into psychological stressor, psychosomatic stressor, and physical stressor. The difference of SAA between before and after the stressor (score of SAA) was calculated quoting the SAA data which have previously reported as the case studies. It was considered that the score of SAA between before and after the stressor might be useful to distinguish the eustress and the distress. Additionally, it was suggested that the SAA is a better index of acute stress. The SAA biosensor realizes to analyze the human stress in real time and noninvasive, making multiple sampling easy and stress free.

収録刊行物

  • バイオフィードバック研究

    バイオフィードバック研究 38(1), 3-9, 2011

    日本バイオフィードバック学会

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008723109
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    0386-1856
  • データ提供元
    CJP引用  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ