ユダヤ教におけるタルムード学の意義と批判精神の育成(<特集>宗教の教育と伝承) Significance of the Talmudic Study and the Promotion of the Critical Spirit in Judaism(<Special Issue>Religious Education and Transmission)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本論文は、ユダヤ教共同体が一五〇〇年間、社会的にパーリアの状態にあった共同体の内部において形成したユダヤ法の精神文化の意義を考察する。古代ユダヤ社会は、西暦一世紀から二世紀にかけて、ローマ帝国からの独立を目指して二度の大戦争を交え、神殿の崩壊、社会の壊滅、エルサレムからの追放といった一連の苦難を受けた。そののち彼らは、政治的自立と独立の夢を放棄し、唯一神の教えの徹底的な学習と実践を自らの生きる道と定めることを決断した。そこから導かれるタルムードの学問は、神への愛に基づいて、徹底した討論によって理性的に相手を説得する方法であった。それは、ユダヤ賢者が預言者の伝統である偶像崇拝との闘いを継承したことによって達成された。その具体例をタルムードにおけるラビたちの思惟方法と討論における論証法の中から抽出したい。ここでいう偶像崇拝とは、社会的権威への盲従や、先入見に無批判な知的怠慢に対する批判的態度であって、ラビたちが新たな形式での偶像崇拝批判を宗教的人格形成の根幹にすえたのである。

This article examines the significance of the religious culture of Jewish law in which a critical attitude against "idolatry" was highly evaluated. So-called Rabbinic Judaism, which was shaped by the two devastating wars of Jews in Palestine with the Roman Empire in the first and second centuries, put the divine teachings as its basis and endeavored to establish the rule of divine law. The sages chose the liberty of faith in divine revelation in place of political liberty and independence based upon Messianic expectations. They compiled the oral teaching of divine revelation called the Mishnah in about 200CE, and then compiled the Babylonian Talmud around 500CE, which is renowned as the basis of the way of Jewish life throughout Jewish communities in the Diaspora in the Middle Ages and to the modern era. They regarded themselves as the legitimate heir of the Biblical prophetic tradition and promoted a distinctive way of Torah studies. Based upon the prophetic tradition of the struggle against idolatrous worship, they challenged the struggle against inner idols which were thought to prevent the true understanding of divine teaching; "idolatry" in this context includes uncritical subjection to social authority, attachment to conventional prejudices, and other intellectual laziness.

収録刊行物

  • 宗教研究

    宗教研究 85(2), 293-317, 2011

    日本宗教学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008723178
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00406454
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    特集
  • ISSN
    0387-3293
  • NDL 記事登録ID
    11231662
  • NDL 雑誌分類
    ZH6(哲学・宗教--宗教)
  • NDL 請求記号
    Z9-184
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ