実験昆虫飼育室内に発生したケナガコナダニ Tyrophagus putrescentiae の分布と高温防除 Distribution of storage mites, Tyrophagus putrescentiae (Schrank) (Acarina : Acaridae)spontaneously occurring in an insect breeding room and an effective control by heat

この論文をさがす

著者

抄録

実験昆虫飼育室内に発生したケナガコナダニTyrophagus putrescentiaeを防除するために高温による駆除を行った.ケナガコナダニは47.4±1.6℃で1時間または40.3±1.7℃で24時間の室温に暴露することにより,全ての個体が死亡した.これらの結果は,高温処理によって現場に発生するケナガコナダニを防除可能であることを示唆している.特に,恒温恒湿室は温度管理が容易であり,そこに発生する本種のもっとも簡便な防除方法であると考えられる.駆除作業前に室内で観察されたケナガコナダニの分布は,本種が誘虫灯に誘引される可能性も示している.

Thermal treatment was applied to control Tyrophagus putrescentiae which occurred spontaneously in a constant temperature and humidity room. Total mortality of mites was achieved at a room temperatures of 47.4±1.6℃ within one hour and at 40.3±1.7℃ within 24 hours. These results suggest that it is possible to control rearing-room T. putrescentiae populations by manipulating the room temperature. Thermal treatment would be particularly useful to eradicate T. putrescentiae in a constant temperature room in which the temperature can be manipulated easily. The pattern of distribution of T. putrescentiae in the rearing room examined suggests that T. putrescentiae may are attracted to light.

収録刊行物

  • 家屋害虫

    家屋害虫 32(2), 73-76, 2010-12-30

    日本家屋害虫学会

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008723259
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10366877
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0912974X
  • NDL 記事登録ID
    11008423
  • NDL 雑誌分類
    ZR4(科学技術--生物学--動物)
  • NDL 請求記号
    Z18-1952
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
ページトップへ