精神科看護師に対するストレスマネジメント・エンパワメントプログラムの効果 : 予備研究報告  [in Japanese] The Effect of a Stress Management-Empowerment Program for Psychiatric Nurses : Preliminary Report  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

本研究は,精神科看護師に対して認知行動療法や心理教育的手法を取り入れた構造化されたストレスマネジメント・エンパワメントプログラムを行うことで,気分や精神的健康度などの心理的負担が軽減するかを実証的に示すことを目的とし,精神科看護師15名を対象に介入を行った.その結果,精神的健康度を評価するK6については,介入前後を比較したところ有意に改善しており(p=0.014),1カ月後の得点についても,介入前に比較して十分な改善傾向があった(p=0.05).看護師の患者に対する感情態度を評価するNASについては,下位尺度の「敵意」において,介入前後を比較したところ有意に改善しており(p=0.036),それは1カ月後の得点についても,介入前に比較して有意な改善が継続していた(p=0.041).これらのことから,精神科看護師が今回のプログラムに参加することで,看護師自身の気分や精神的健康が改善されるだけでなく,患者への態度についても良い影響があることが示唆された.

Journal

  • Journal of Japan Academy of Psychiatric and Mental Health Nursing

    Journal of Japan Academy of Psychiatric and Mental Health Nursing 19(2), 55-64, 2011

    The Japan Academy of Psychiatric and Mental Health Nursing

References:  39

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008723397
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10478677
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    0918-0621
  • NDL Article ID
    10997585
  • NDL Source Classification
    ZS47(科学技術--医学--治療医学・看護学・漢方医学)
  • NDL Call No.
    Z19-3804
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top