写真に基づく明治期女性体形の定量化と他の時代との比較(ファッションデザイン) Quantification of Female Body Shape in the Meiji Eera Using Photographs and Comparison with Other Eras

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

日本では明治時代には写真はまだ希少なものであったが,僅かに女性の容姿も撮影されていた.そこで本稿では,系統的な集団計測が行われていなかった当時の女性の体形を把握するため,明治期に撮影された65枚の写真から全頭高,幅径,高径四肢長などの16項目のサイズ値を推定し定量化した.その結果,明治期の女性は現代女性よりも狭い肩幅で,体幹部の下部が広く手足の短い体形であった.さらに明治期女性を,芸妓,写真のモデル,良家の子女の3種の職業で比較すると,明確な体形差が判明した.すなわち,女性の美の理想とされた芸妓は,比較的各部位の位置が高く小顔で細身の体形であり,3種の中では現代女性に最も近い体形特徴を持っていた.一方,写真のモデルは体幹部の幅が広く大顔で,がっしりとした体形であり,良家の子女は身体の部位の位置が低く,寸胴の体形であった.

In this paper, we collected 65 photographs of females in the Meiji era and estimated sizes of 16 items on female body including stature, chest breadth and limb length, using the photographs as materials. As a result of quantitative analysis of them the females in the Meiji era had a narrower shoulder, a broad lower trunk and shorter limbs, comparing to modem females. Furthermore, we divided those females into three groups, Geiko girls who were entertainers, models for photos showing things Japanese, and girls from good families, and compared with each other. It showed that there were obvious differences among the three groups. The Geiko girls who were ideal beauties of those days had a small face, slim body and higher body parts and their figure was most similar to that of modern females. Whereas the photo models had a larger face and a wider trunk and the daughters of good families had a cylindrical torso with body parts in lower positions.

収録刊行物

  • 芸術工学会誌

    芸術工学会誌 54(0), 113-120, 2010

    一般社団法人 芸術工学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008724140
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11876913
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    特集 // 会議録・学会報告
  • ISSN
    1342-3061
  • NDL 記事登録ID
    10912408
  • NDL 雑誌分類
    ZK1(芸術) // ZM5(科学技術--科学技術一般--工学・工業)
  • NDL 請求記号
    Z11-B468
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ