通信衛星を利用した海洋観測・深海資源探査 : 陸上から海洋までのシームレスな通信を目指して  [in Japanese] Underwater Resources Exploration Utilizing Geostationary Satellite : The Seamless Communication Between Underwater Platforms and a Land-station  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

    • 吉田 弘 YOSHIDA Hiroshi
    • 独立行政法人海洋研究開発機構 海洋工学センター Marine Technology & Engineering Center, Japan Agency for Marine-Earth Science and Technology
    • 百留 忠洋 HYAKUDOME Tadahiro
    • 独立行政法人海洋研究開発機構 海洋工学センター Marine Technology & Engineering Center, Japan Agency for Marine-Earth Science and Technology
    • 中野 善之 NAKANO Yoshiyuki
    • 独立行政法人海洋研究開発機構 海洋工学センター Marine Technology & Engineering Center, Japan Agency for Marine-Earth Science and Technology
    • 笠谷 貴史 KASAYA Takafumi
    • 独立行政法人海洋研究開発機構 地球内部ダイナミクス領域 Institute for Research on Earth Evolution, Japan Agency for Marine-Earth Science and Technology

Abstract

海洋の観測研究は,プレート境界型地震発生の予測や,気候変動の予測の為に非常に重要な研究である.また,海洋資源の開発は,資源に乏しい日本にとって次代の産業の基盤として喫緊の課題であり,資源の賦存量把握のための探査を効率よく行う必要がある.これらの観測や探査を効率よく進める為のプラットフォームとして自律型無人探査機(AUV)や遠隔制御型探査機(ROV)が注目されている.AUVやROVを運用しデータを集める場合には支援母船が必須である.海中のAUV,ROVそして洋上の船舶をシームレスに通信接続し,リアルタイムにデータを陸上と共有できれば,その観測・探査効率は格段に上がることが予想される.私たちはこれまでに,きく8号(ETS-8)ときずな(WINDS)を利用した,研究船のディジタルディバイド解消と深海探査機等の遠隔制御の基礎試験を行い,世界初の成果を上げてきている.本稿では,探査機の紹介,通信静止衛星の海洋での利用方法,これまでの実験の意図と成果,今後必要とされる海洋観測・深海探査システムと衛星の役割について解説する.

Movable underwater platforms, Autonomous underwater vehicles (AUV) and remotely operated vehicles (ROV), are utilized to explore underwater resources and to research prediction of earthquake, climate change and so on. Geostationary satellites would be improved vehicles operations because they can connect between surfaced platforms and a land-station in real-time. We carried out some sea-trials of satellite communication between a vehicle or a ship and a land-station by using the ETS-8 and the WINDS.

Journal

  • IEICE technical report

    IEICE technical report 111(23), 25-28, 2011-05-02

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  5

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008725555
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11840009
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    09135685
  • NDL Article ID
    11117550
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-940
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top