地上デジタルテレビ放送波を用いたパッシブ逆合成開口レーダ画像生成アルゴリズム  [in Japanese] ISAR IMAGING USING ISDB-T DIGITAL TV BASED PASSIVE BISTATIC RADAR  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

既存の電波源が放射する電波を用いて,レーダ機能を実現するパッシブレーダ方式による目標観測では,新たな送信局の設置コストの低減,受信局の秘匿性向上などの特長がある.著者らは,地上デジタル放送波を用いたパッシブレーダ方式による目標の逆合成開口レーダ(inverse Synthetic Aperture Radar : ISAR)画像取得アルゴリズムを開発中である.筆者らのグループでは,同アルゴリズム検証のためのフィールド実験を2010年に実施した.本稿では,取得した実験データから高分解能なパッシブISAR画像を取得するために実施した処理内容について報告する.取得したデータを用いて,パッシブISAR画像を再生した結果,得られたパッシブISAR画像上の目標サイズが,観測した目標はレンジ方向に約35m,クロスレンジ方向に約40mの広がりを持つ目標であることを確認した.実際に観測した目標サイズは,全長39.5m,全幅34.3mであるので,画像上から読み取れる目標サイズと実際の目標サイズと概ね一致する結果を得た.

Passive bistatic radars (PBRs) exploit existing transmitters such as TV broadcasts, radio broadcasts, Global Navigation Satellite System (GNSS), etc., as the source of illumination. The authors have been investigating the target imaging capability of PBR. In this paper, we report an experimental study on obtaining Inverse Synthetic Aperture Radar (ISAR) image with cross-range resolution of a few meters, using terrestrial digital TV based PBR. Using the data acquired in the experiment, we can estimate that the target size on the ISAR image is about 40m in both range and cross-range direction. This estimation agrees well with the true size of target, which is 39.5m length and 34.3m width.

Journal

  • IEICE technical report

    IEICE technical report 111(52), 13-18, 2011-05-13

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  8

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008725704
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10013301
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL Article ID
    11117414
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-940
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top