モーションキャプチャシステムを利用した重心可視化システムの構築  [in Japanese] Development of motion visualization system with the center of gravity by using a motion capture system  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

運動学習において身体の重心移動は重要な要素の一つである.しかし,身体重心は不可視であり学習者はイメージしにくい.また,書籍での学習やコーチから指導を受ける際も,身体重心は曖昧な表現で示されることが多く,理解が困難である.そこで本研究では,運動時の身体重心と学習者の動作を3次元モデルで可視化するシステムを作った.学習者の動作はジャイロセンサを用いたウェアラブルなモーションキャプチャシステムを使用して取得している.本システムにより学習者は,自身の体の動きと身体重心の関係性を視覚的に理解することができる.また,書籍などの重心移動についてのアドバイスが,本システムを利用することにより,より明確化されることで学習効果が高まると考えた.本システムの有効性を検証するために評価実験を行った.

Moving the center of gravity of the body in motor skill learning is one of the most important but we cannot see the center of gravity of the body. Moreover, when we learn movement of the center of the gravity by reading books or instruction by coaches, it is often indicated in equivoque. To solve this problem, we developed "Motion visualization system with the center of gravity for novice learners of motor skills". The learners' motion data are acquired with gyroscope type motion sensors. To verify the effectiveness of the system, the assessment experiment was done on badminton.

Journal

  • IEICE technical report

    IEICE technical report 111(39), 71-74, 2011-05-07

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  6

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008726069
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10013163
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL Article ID
    11117183
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-940
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top