水俣病発生地域における差別と抑圧の論理--新潟水俣病を中心に THE LOGIC OF DISCRIMINATION AND OPPRESSION IN AREAS WITH OUTBREAK OF MINAMATA DISEASE : WITH SPECIAL REFERENCE TO THE CASE OF NIIGATA MINAMATA DISEASE

この論文をさがす

著者

抄録

本稿の課題は、新潟水俣病を中心事例として、当該地域社会における被害者への差別と抑圧の論理を解明することである。水俣病患者に対する差別には異なった2つの種類がある。ひとつは、「水俣病である」と周囲から認知されることによって引き起こされるいわば「水俣病差別」とでも呼ぶべきものであり、もうひとつは、その反対に「水俣病ではない」と認知される、つまり「ニセ患者」だとラベリングされることによって生じる差別である。新潟水俣病の第一次訴訟判決(1971年9月)および加害企業との補償協定締結の時期(1973年6月)の以前においては、地域の社会構造や生活様式、社会規範に密接に関わる形で生み出されてきた「水俣病差別」の方だけが問題化していた。しかし、その後、水俣病認定基準の厳格化によって大量の未認定患者が発生する頃から、別の否定的反応が加わるようになった。これが、「ニセ患者」差別という問題である。これは、地域社会における「水俣病差別」と「過度に厳格な認定制度(基準)」が、相互に深く絡み合う中で生み出されてきた新たなる差別と抑圧の形態であった。本稿ではさらに、差別と抑圧の全体像を把握すべく、新潟水俣病における差別と抑圧の問題は、以下の7つの要因が関与して生み出された複合的なものであること、しかし、その複合化、重層化の度合いは、阿賀野川の流域区分毎に異なっていることを明らかにした。1.加害企業による地域支配、2.革新系の組織・運動に対する反発、3.漁村ぐるみの水俣病かくし、4.伝統的な階層差別意識の活性化、5.水俣病という病に対する社会的排斥、6.認定制度による認定棄却者の大量発生、7."水俣病患者らしさ"の欠如への反発。

The purpose of this paper is to clarify the logic of discrimination against and oppression of Niigata Minamata Disease patients in the Agano River basin. In this paper, I address the factors causing discrimination and oppression, and the social structures and inhabitant's interpretations that generated these problems. Seven factors caused these problems: (1) Regional control by the company responsible for the pollution, (2) Antipathy against organizations /movements supported by left wings, (3) Hiding the existence of victims in order to prevent decreasing sales of fish, (4) Activating of traditional discrimination consciousness, (5) Prejudice against and rejection of Minamata Disease itself, (6) The massive amounts of uncertified patients, (7) Antipathy against patients who do not look like Minamata Disease victims. These have been major factors in producing "hidden" patients and at same time have been causing profound emotional stress in patients who came out into the open to apply for official certification. The important point is that the certification system has positively been a part of the expansion of discrimination, such as in imputations of "fake patients". The excessively rigid criterion of the certification system have not only deprived many victims of their compensation rights, but also have promoted discrimination and oppression against them in this area.

収録刊行物

  • 環境社会学研究

    環境社会学研究 (4), 204-218, 1998

    環境社会学会

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008726793
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10498448
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • NDL 記事登録ID
    4586625
  • NDL 雑誌分類
    ZE5(社会・労働--社会問題・社会保障)
  • NDL 請求記号
    Z6-B659
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
ページトップへ