高校数学指導内容としての「ばらつき (ちらばり)」処理の考え : 統計的リテラシーの育成を目的として  [in Japanese] Variability as for the Teaching Content on High School Mathematics : How Can We Develop Statistical Literacy in Mathematics?  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

統計的リテラシー育成を目的とする高等学校数学科の統計指導では,従前の数学的処理に留まった統計指導を越えた「ばらつき(ちらばり)」処理の考えを指導する必要がある(ゴンザレス,礒田2011).本稿では,その相違と必要を,事例の解説を通して明らかにした.事例は,Shaughnessy(2007)が示した「ばらつき(ちらばり)」について考える統計的問題解決状況8典型(conception)に,小中学校の学習を前提とした事例を本研究として示し,従前の内容と比較しながら解説した.その上で高等学校の統計指導では,「ばらつき」の数学的処理とともに統計的な「ばらつき」処理の考えを育成する必要があり,「ばらつき」について考える統計的問題解決問題を開発集積する必要があることを提案した.

Journal

  • Journal of Japan Society of Mathematical Education

    Journal of Japan Society of Mathematical Education 93(9), 17-20, 2011-09-01

    Japan Society of Mathematical Education

References:  10

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008728315
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00285586
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    0021471X
  • NDL Article ID
    11255452
  • NDL Source Classification
    ZF9(教育--各科教育)
  • NDL Call No.
    Z7-228
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top