障害者等への配慮に関する情報提供施設の現状と課題 : 全国公立大学図書館実態調査結果から Study on library accessibility of public universities for the people with disabilities

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

保健福祉サービスにおいて、障害者等、身体に何らかの不自由を有する対象者に対する情報提供のあり方が問われている。情報提供施設としての図書館は、住民の身近に存在しており、誰もが利用容易な施設として、今後さらに情報提供の第一線機関としての役割が期待されている。そこで本研究は、全国公立大学図書館の身体障害者等に対する配慮の実態に関する調査などを踏まえ、今後の情報提供施設機関の課題を整理したものである。施設環境等ハード面のバリアフリー化はもとより、検索支援、読書支援、介助的支援、職員教育を含めた利用にあたってのソフト面での各種障害対応の重要性が示唆された。

It has been one of the key issues to develope effective methods to inform directions for the people with disabilities in health social services. Libraries expect to take roles as the information processing centre, which is situated near users in their community, and as a part of powerful sattelite center for health social services. The purpose of this study was to clarify the trend of universal accessivility toward library of pablic universities in all over Japan. In consequence, following tasks were pointed out. The outcome was brightly indicated that it will be important to promote not only barrierfree consolidation for institutional hardwere, but also assistive service of corresponding effective usage as softwere support, for instance reference service, voiced reading, humansupport, personnel education et al.

収録刊行物

  • 日本保健福祉学会誌

    日本保健福祉学会誌 5(1), 41-47, 1998

    日本保健福祉学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008729217
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1340-8194
  • データ提供元
    NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ